株式会社ステージプランニング
〒310-0852
茨城県水戸市笠原町1199 番地の1
OUTLOOKKASARA1 階
TEL:029-243-5480
FAX:029-240-2240
E-mail:info@stage-p.co.jp

■定休日/毎週水曜日
■営業時間/am:9:00~pm:6:00
ローンのこと  |  ローンシュミレーション

家を新築したり、建て替えのときに利用できる住宅ローンには大きく分けて2つの種類があります。

  1. 一つは「公的融資」といわれるものです。住宅金融支援機構・年金住宅融資・財形住宅融資・自治体融資などがあります。
    ※自治体融資も公的融資の一種ですが、自治体ごとに制度が異なります。
  2. もう一つは「民間融資」といわれるものです。銀行・信用金庫・生命保険・ノンバンク等が取り扱う融資のことです。
    ※公庫は廃止され、業務は住宅金融支援機構に引き継がれています。
  3. 【公的融資】
    公的融資には、物件の規模や建築基準、融資を受ける人や融資限度額などに関して細かい制限がありますが、公庫融資の魅力はなんといっても長期固定の低金利で借りられるところです。 最も一般的なのが「住宅金融支援機構」です。
    お申込時の年齢が満70歳未満の方(親子リレー返済を利用される場合は、満70歳以上の方)もお申込みいただけます。年収による規制や条件等も住宅金融支援機構となり変更されていますので、詳しくは住宅金融支援機構のホームページをご覧下さい。

    【民間融資】
    公的融資に比べると、融資額も大きく、対象物件に対する規制が少なく利用しやすいというメリットがあります。
    また「変動金利型」「固定金利型」「固定金利選択型」などの種類がありますので、自分のライフスタイルにあった返済パターンを組むことが可能です。 取扱機関によって金利が異なりますので、各金融機関毎の特色や融資条件など充分な情報の収集と把握が必要です。

【ワンポイントアドバイス】
民間金融機関では以前から頭金不要で融資を受けられましたが、2009年3月に住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の長期固定ローン「フラット35」が住宅購入時の頭金を不要にする制度改正案がまとまり、住宅の購入意欲はありながら頭金を用意しにくかった方々にローンをご利用頂きやすくなりました。
(*取扱は金融機関によって異なりますので、ご利用の金融機関にご確認下さい。)
一般的に頭金は購入価格の2割以上必要です。これは、公的融資である住宅金融支援機構や年金融資などは、担保価値の関係で購入価格の8割までしか融資を受けられないため、住宅ローンを利用する場合、頭金は最低でも物件価格の2割、諸費用のことも考えて出来れば物件価格の3割は用意しておく必要があります。
頭金なしの状態では、返済負担が当然大きくなります。返済後の収 入の変化や教育費なども考慮に入れておきましょう。なお、一般的な民間金融期間は融資の限度額を担保物件の評価額の80%に設定しているケースが多いようです。こちらも物件価格2割、諸費用のことも考えて出来れば物件価格の3割は用意しておく必要があります。

ページの先頭へ